エフセキュア、コンシューマー向け「インターネット セキュリティ 2012」を発表

フィンランドのセキュリティ・ベンダーであるエフセキュアは10月12日、コンシューマー向け統合型セキュリティ・ソフト「エフセキュア インターネット セキュリティ 2012」と「エフセキュア アンチウイルス2012」の2製品を発表した。10月25日より同社サイトで発売を開始する。

「エフセキュア インターネット セキュリティ 2012」は、ウイルス・スパイウェア対策、ファイアウォール、ペアレンタルコントロール、スパムメール対策などを提供するオールインワンセキュリティソフトとなり、一方の「エフセキュア アンチウイルス 2012」は、ウイルス・スパイウェア対策などのセキュリティ機能のみを備えたアンチウイルスソフト。

 「エフセキュア インターネット セキュリティ 2012」の一番の特徴は、「Launch Pad」と呼ばれる新しいコントロールパネル上ですべての機能にアクセスできること。

ダウンロード版の価格は、4,200円(1台のパソコンで1年利用可能)。
「エフセキュア インターネット セキュリティ 2012」では、CD-ROM版が4,980円(1台のパソコンで1年利用可能)も用意しており、その他年数・台数に応じて価格設定有り。

30日間無料のトライアルダウンロードはコチラから(※新版発売日までは2011ですのでご注意)