IPA、「標的型サイバー攻撃の特別相談窓口」を開設

IPA(情報処理推進機構)は、特定組織や業界を狙った巧妙かつ執拗(しつよう)な攻撃が国内でも発生している深刻な事態を受け、業界における早期の攻撃情報の収集・分析・共有を図るための相談窓口を設置。

標的型攻撃メールのようなサイバー攻撃に対して被害の拡大を防止するためには、個別企業のみでの対応だけでなく、攻撃情報の共有が不可欠となっており、これらの問題を解決するため、特にパートナー企業間で、以下の活動を推進していく。

(1) 「標的型サイバー攻撃の特別相談窓口」の設置
(2) 情報の匿名化およびパートナー間での情報共有
(3) 標的型サイバー攻撃の実態調査
 
詳細:IPA