マカフィー、10月のサイバー脅威の状況を発表

マカフィーは、同社が10月に検知したマルウェアの状況を取りまとめた。リムーバブルメディアで感染するウイルスや、偽セキュリティ対策ソフトに引き続き注意が必要だという。

レポートによれば、検知された企業数やマシン数において、リムーバブルメディア経由で感染するワームが作成したオートラン機能を悪用するために作成したテキストファイル「autorun.inf」を検知した「Generic!atr」が引き続きもっとも多く見つかった。

また、同じくオートラン機能を悪用する「Generic Autorun.inf!g」や、これらのワームによって感染しオンラインゲームのパスワードを盗む「Generic PWS.ak」「Generic PWS.o」「PWS-Gamania」などがランキングの上位に顔を出している。

偽セキュリティソフト「FakeAlert!grb」も依然として活発で、検知企業数で8位。感染するとすべてのアプリケーションの起動ができなくなるなど、深刻な被害をもたらす可能性がある。

一方、9月に増加を見せたオンラインバンキングのログイン情報を盗む「PWS-Zbot」については、ランキングから姿を消した。

また同社は、「Stuxnet」のソースコードを含み、企業や組織の機密情報を盗む「PWS-Duqu」では、ゼロデイ攻撃に「Wordファイル」が使われていたが、今後はPDFファイルなども悪用されるおそれがあるとして、添付ファイルの扱いに注意するよう呼びかけている。

参照:Security NEXT