パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


ラック、2011年上期はSpyEyeの台頭が特徴

株式会社ラックは11月16日、「JSOC侵入傾向分析レポートVol.17」を発表した。

本レポートは、同社のセキュリティ監視センター「JSOC(Japan Security Operation Center」が収集・分析を行った、2011年上期(1月~6月)におけるインターネットの脅威傾向をまとめたもの。

JSOCの調べでは、特定のウイルスの沈静化により全体的なインシデント件数は若干の減少傾向が見られたものの、Webを閲覧することで感染を広げるドライブバイダウンロードや、巧妙な文面でメールに添付されたウイルスの実行を誘導する標的型の攻撃などにより、既存のウイルス対策だけでは防ぎきれない例が確認されている。

また、2011年上期におけるウイルス感染の検知傾向の特徴として、Microsoft Windows OSのシステムに感染するボット型ウイルスSpyEyeの台頭を挙げている。

関連記事:SpyEye(スパイアイ)ウイルスとは?