レピュテーションと振る舞い検知を強化した「ESET」新版

スロバキアに本拠を置くセキュリティ企業、ESETのCEOを務めるリチャード・マルコ氏が、個人向けセキュリティ対策ソフトの新版「ESET Smart Security V5.0」および「ESET NOD32アンチウイルス V5.0」のリリースに合わせて来日した。

新版V5.0では、これまで「ESET ThreatSense.Net」という名称で提供してきたレピュテーション機能を強化し、新たに「ESET Live Grid」として提供する。疑わしいファイルに関する情報に加え、ユーザーが利用しているアプリケーションに関する統計情報も加味し、ファイルがクリーンか、それとも悪意あるものかを評価する仕組み。「人工知能技術を活用し、ユーザーの統計情報と組み合わせることで正確な評価を可能にする」という。

ESET SmartSecurity無料ダウンロード
※V4.2購入の場合、12月15日以降にV5.0 に無償でアップグレード可能