Macから情報を盗む新手のマルウェア、CPUを消費し仮想通貨の生成も

Mac専門のセキュリティソフトメーカーIntegoや英Sophosが、Mac OS Xに感染してユーザーの情報などを盗み出す新手のマルウェアが、ファイル共有サイトで配布されているMac向けアプリケーションから見つかったと自社のブログで報告。

このマルウェア「DevilRobber」(別名Miner-D)は、BitTorrentを使ったPirateBayなどのファイル共有サイトで配布されていた複数のアプリケーションから見つかっており、トロイの木馬、バックドア、スパイウェアなどの機能を併せ持ち、感染したMacからSafariの履歴ファイルや仮想通貨「Bitcoin」の情報、ユーザー名とパスワードなどを盗み出してリモートのサーバに送信するという。

新種ウイルスに強いウイルス対策ソフトならESET SmartSecurity