Microsoft、旧式ブラウザーの怖さを訴えるサイトを公開

米Microsoftは、古いブラウザーを使うことによる危険からユーザーを保護することを目的としたサイト「YourBrowserMatters.org」を公開。

サイトにアクセスすると、現在使用しているブラウザーのセキュリティ機能が0点から4点の範囲(4点満点)でスコア評価される。セキュリティ機能の評価は、Internet Explorer(IE)のほか、FirefoxやGoogle Chromeなどのブラウザーを最新バージョンにアップグレードする場合にも役に立つとしている。

Microsoftでは、古いブラウザーなど旧式のソフトウェアを標的とするソーシャルエンジニアリング型のマルウェアがセキュリティの最大の脅威だと指摘しており、最新のブラウザーに移行するように呼びかけている。