リスク潜むSNS うっかり書き込みでトラブル多発 ツイッター、フェイスブック...

急速な普及によって、Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)などのソーシャルメディアは市民権を得つつある。

しかし、その便利さの裏側で、不適切な書き込みや個人情報の意図しない流布などがトラブルを引き起こしている。

「落書き」感覚で誰にも知られずに書き込めた匿名主体のネット掲示板とは異なり、ソーシャルメディアは実名登録が前提のサービスが多く、個人情報が特定されやすい側面がある。

「現実の社会でしてはならないことは、ソーシャルメディアでもしてはならない」――。

利用者の"ソーシャルリテラシー"が問われている。

参照:日本経済新聞