総務省でもウイルス感染事案があったことが判明

総務省は、一連のサイバー攻撃に対する報道を受け、詳細な調査を実施していたところ、総務省職員用の複数のパソコンが、トロイの木馬型ウイルスに感染していたことが、平成23年11月2日(水)に判明したと発表。

現時点で判明している感染経路は、メールに添付されていたファイルを開封したことによるもの。当該メールの件名は、「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)について(平成23年7月26日 17:00):緊急災害対策本部発表資料)」という、震災に関連する内容を騙ったものであった。