産経新聞、偽サイト誘導、ウイルス侵入...ネットバンキング、預金不正送金急増

金融機関のインターネットバンキングで、預金が不正に送金される被害が急増している。犯行グループはさまざまな手口を駆使しながら、巧妙に利用者の契約者番号(ID)やパスワードといった個人情報を抜き取って悪用。金銭奪取を目的としたサイバー犯罪に対抗するため、警察庁では金融機関や利用者にセキュリティー対策の強化を求めている。

詳細はMSN産経ニュース