パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


トレンドマイクロ、標的型攻撃メールで悪用されるソフトの脆弱性

10月は、日本国内で複数の企業・団体へのサイバー攻撃が報道された。国内における標的型攻撃の多くは不正プログラムを添付したメールを個人に送付し、バックドア型の不正プログラムに感染させることで攻撃者が外部から侵入し、個人情報や機密情報など目的の情報を窃取する。特定の対象に継続的に攻撃が繰り返される「持続的標的型攻撃」は、事前に攻撃対象を調査することや、セキュリティソフトで検出されないことを確認してからメールを送付するなど、攻撃者の手口が巧妙と言える。

トレンドマイクロでは、2011年4月から10月までに日本国内で収集した標的型攻撃メールを分析したところ、半数が脆弱性を悪用した攻撃であることを確認した。標的型攻撃メールの添付ファイルのうち、PDF(Adobe Reader)、DOC(Microsoft Word)、XLS(Microsoft Excel)、HLP(help)、JTD(一太郎)で脆弱性が悪用されている。脆弱性を悪用する攻撃には修正プログラムの適用を徹底するなど、基本的な対策を見直すことが有効。

トレンドマイクロ、インターネット脅威マンスリーレポート【2011年10月度】