窓の杜、スマートフォンを守るセキュリティ対策アプリ8本を徹底比較

『杜のAndroid研究室』で、セキュリティ対策アプリ8本をまとめて取り上げ、アプリごとの機能の違いなどを詳しく紹介されている。

スマートフォンはアプリを自由にインストールして機能を追加できるのが魅力だが、これはウイルスなどのマルウェアのインストールが可能であることにも繋がる。

とくにAndroidはマーケットでのアプリ配布に審査が必要なく誰でも簡単にアプリを公開でき、設定を変更すればマーケット外からのアプリインストールも可能になるなど、ほかのスマートフォンプラットフォームよりもマルウェアの配布が容易で、ターゲットになりやすい傾向にある。

また、スマートフォンには連絡先データや各種オンラインサービスのパスワードなど、さまざまな個人情報が保存されているため、紛失や盗難にあった場合のダメージは個人利用においても馬鹿にならないものがある。

今回取り上げられているのは以下のアプリ

「ALYac Android」 ESTsoft Corp.
「KINGSOFT Mobile Security」 キングソフト(株)
「ViRobot Mobile」 Hauri, Inc.
「ウイルスバスター モバイル for Android」 トレンドマイクロ(株)
「カスペルスキー モバイル セキュリティ 9」 (株)カスペルスキー
「スマートフォンセキュリティ」 ソースネクスト(株)
「セキュリティプロ AVG」 AVG Mobilation
「ノートン モバイル セキュリティ」 (株)シマンテック

各機能についても詳しく比較されているので、Androidを使用の方は是非参考に

詳細は窓の杜を確認