パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


ウイルス猛威 スマホにも

多機能携帯電話「スマートフォン」を狙うウイルスが急増している。ウイルス対策ソフト会社トレンドマイクロ(東京都渋谷区)によると、今年に入って十一月末までに延べ九百件以上。同カスペルスキー(千代田区)の調査では、九月だけで八百六十六件が見つかった。スマートフォンの普及とともに増えており、関係者は対策ソフトの導入など警戒を呼びかけている。

スマートフォンは、従来の携帯電話では見ることのできないパソコン向けのサイトを見ることができる半面、パソコンと同様にウイルスに感染する。

トレンドマイクロによると、ウイルスは昨年末段階では五件だったのが、今年夏から増え始めた。十一月末現在で、基本ソフト(OS)「Android」を狙うウイルスが九百十六件、iPhone(アイフォーン)を狙うのが二件見つかった。

最多の九十六件が見つかった系統のウイルスは、サイトなどに仕込まれた読み取りコード(QRコード)を取り込むと、別のサイトに接続して感染。所有者が気付かぬうちに、特定の電話番号につなぎ、高額のサービス料金を請求する。

壁紙をダウンロードすると感染するタイプは三十五件あった。個人情報であるスマートフォン端末の識別番号を勝手に送信。ウイルスのプログラムを自動更新する機能もある。

ウイルスは、端末にダウンロードして使う正規のアプリケーションソフト(アプリ)に成り済ましている例が多い。ダウンロードした使用者が、気付かないうちに感染する。

同社は、電話会社のセキュリティーサービスや信頼できるアプリの利用、端末のパスワード管理を徹底するなどの対策を取るよう呼び掛けている。

詳細は東京新聞を参照