パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


【レビュー】さらに進化を続ける「ノートン 360 バージョン 6.0」

シマンテックは、オールインワン型のセキュリティ対策ソフトであるノートン 360 バージョン 6.0をリリースした。同社からは、いわゆるセキュリティ対策ソフトとして、ノートンインターネットセキュリティやノートンアンチウイルスがリリースされている。これらと比較すると、

1. PCの状態を最適な状態に保つ(システムチューナー)
2. 標準で2GBのオンラインストレージが提供される自動バックアップ

などが、追加されている。

セキュリティ対策のみならず、PCをより快適・安全に保つことができる。以下では、新機能やバージョン6.0で強化された機能などを紹介したい。

○ノートン 360のインストール

インストールの前にシステム要求などを確認しよう。

対応OS:Windows XP(SP2、SP3いずれも32ビット)、Vista(32/64ビット)、7(32/64ビット)
CPU:300MHz以上
メモリ:256MB以上(512MB以上を推奨)<br. HDD:300MB以上の空き容量
対応メールソフト:Outlook 2002/2003/2007/2010、Outlook Express 6.0、Windows Mail(スパムフィルタリングのみ) 対応ブラウザ:IE 6.0/7.0/8.0/9.0、Firefox 3.0/3.5/3.6/4.0/5.0/6.0/7.0/8.0/9.0、Google Chrome 10/11/12/13/14/15/16

対応ブラウザにGoogle Chromeが追加された点に注目したい。基本的には、各OSが動作する最低要件を満たしていれば問題ない。オンラインストアでの1年版のダウンロード価格は、8,480円となっている。他にもオンラインストレージが25GBのプレミアムエディションが、9,980円となっている。複数年版や2コニコパックなども用意されている。

では、インストールを行おう。ダウンロードしたファイル、またはCD-ROMから行う。まずは、図2の初期画面となる。

ここから[Norton 360のインストール]を選択する。初期化が行われ、次にプロダクトキーの入力を行う(図3)。

インストールが行われる(図4)。

これまでもノートン 360はインストール時間が非常に短かったが、バージョン6ではより短縮された。表示通り、1分とかからなかった。再起動も不要だ。図5で完了となる。

[開く]をクリックするとメイン画面となるが、インストール直後はアクティブ化が行われる(図6)。

メールアドレスを入力し、Nortonアカウントを作成する(すでに作成済みの場合は、サインインとなる)。これは、オンラインバックアップなどでも使うことになる。

○メイン画面も一新、まずはアップデートを

バージョン6では、メイン画面も一新された(図7)。画面下には、これまで同様、24時間以内に発見された脅威や大陸別の脅威動向などが表示される。さらに、そこからシマンテックのウイルスデータベースを参照することもできる。

ここで、まずやっておきたいのは、LiveUpdateの実行である。[PCセキュリティ]→[LiveUpdateの実行]である(図8)。タイミングにもよるが、定義ファイルなどが古くなっていることが多い。以降は、自動的に行われるが、最初は手動でやっておきたい。

実際にLiveUpdateを実行中なのが、図9である。

バージョン6では、LiveUpdateもより高速に行われるようになった。ユーザーの負担がより小さくなるのはありがたい。ここまでの作業を終えたら、まずはウイルススキャンをやっておこう。図8から[スキャンの実行]をクリックする。スキャンメニューとなる(図10)。

時間があれば[システムの完全スキャン]を実行したいところであるが、[クイックスキャン]でもかまわない。

クイックスキャンでは、感染しやすい領域と起動ファイルがスキャンされる。問題なく、スキャンが完了すると、図12のようになる。

バージョン6では、スキャン時間も短縮されたとのことで、今回のスキャンも5分とかからなかった。

○ファイル操作も快適に

バージョン6では、ファイルのコピー・移動・削除などリアルタイムの作業に関する指標において平均50%の性能改善が図られたとのことである(Symantec内部テストによる)。シマンテックでは、つねに最高性能が求められていることが背景にあるとのことだ。実際に、ファイルコピーの時間を計測してみた。方法は、200MBほどのファイルを用意し、別のフォルダにコピーするというものだ。ディスクキャッシュの影響を避けるために、再起動を行い、HDDへのアクセスが一段落した状態で行った(あまり厳密な方法ではないので、参考程度に見ていただきたい)。まずはインストール前の測定である(図13)。

次いで、ノートン 360をインストールした後での測定である。

1秒ほどファイルコピーに時間がかかるようになった。普段の作業では、これほど大きいサイズのファイルを扱うことは少ないであろうから、実際の差はもっと小さいものになるであろう。

○オンラインストレージにバックアップ

自動バックアップもバージョン6では、強化された機能である。2011年の大震災は、いまだ記憶に新しい。バックアップをとっていても、建物ごと被害を受けてしまうと、バックアップファイルも同時に失いかねない。「バックアップファイルは遠隔地に保存する」ということが重要になってくる。全国規模の会社や組織であれば可能かもしれないが、個人レベルではなかなか難しい。そこで、使いたいのは、オンラインストレージである。

実際に、バックアップを行ってみよう。まずは、バックアップの対象を設定する必要がある。メイン画面から[バックアップ]→[バックアップセットの管理]を選択する(図15)。

オンラインストレージは2GBなので、その容量で足りるかを確認しておこう(別途、追加購入も可能だ)。対象タブでは、バックアップ元やファイルの種類を選択する。ここではマイドキュメントを対象とした。

場所(オンライン)タブで、バックアップ先を選ぶ(図17)。ここではオンラインストレージを選ぶ。

オンラインストレージをアクティブ化されていない場合には、ここでアクティブ化を行う。画面の赤い文字をクリックする。図6のアクティブ化と同じ画面になるので、ノートンアカウントを入力する。アクティブ化されると、図18が表示される。

タイミングはデフォルトでは、自動に設定されており、PCが利用されていないときなどに自動的にバックアップが実行される。ここでもユーザーに負荷をなるべく与えないようにしているのだ。ここでは、[バックアップの実行]をクリックし、手動でバックアップを実行してみた。

この画面もバージョン6で改善されたものである。復元は、図15で[ファイルの復元]を選ぶ。復元もとや、どのファイルを復元するかが設定できる。

ここでは、拡張子がpdfのファイルを検索した。

このように個別にファイルを検索し、復元可能である。直観的でわかりやすい。バージョン6では、高速化などが多くの機能で行われた。結果、非常に負荷の低いものとなった。ノートン 360は、多くの機能が凝縮されて、使い勝手のよいセキュリティ対策ソフトに仕上がっている。ワンランク上のセキュリティ対策ソフトを希望しているのであれば、検討に値するものといえる。

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120305-00000022-mycomj-sci