Google Chrome、コンテストで見つかった賞金6万ドルの脆弱性を修正

 米Googleは8日、ウェブブラウザー「Google Chrome」の安定版をバージョン「17.0.963.78」にアップデートしたと発表した。危険度が4段階中で最も高い"Critical"の脆弱性1件を修正している。Windows版、Mac版、Linux版、Internet Explorer用プラグインの「Chrome Frame」がある。

 この脆弱性は、Googleが実施したGoogle Chromeのエクスプロイトコンテスト「Pwnium」で発見されたもの。発見者には賞金6万ドルが贈られる。脆弱性の詳細は公表されていないが、同コンテストで6万ドルの賞金が設定されたのは、Windows 7のローカルOSユーザーアカウントにおいて、Google Chromeのみの脆弱性を使って攻略するという賞金額の最も高い部門だった。

InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120309_517754.html