「Google Chrome」安定版がアップデート、脆弱性9件を修正

 米Googleは21日、ウェブブラウザー「Google Chrome」の安定版をバージョン「17.0.963.83」にアップデートしたと発表した。Windows版、Mac版、Linux版、Internet Explorer用プラグインの「Chrome Frame」が対象。

 同バージョンでは、9件の脆弱性を修正するとともに、Flashゲームにおける問題も修正しているという。脆弱性の危険度は、4段階中で2番目に高い"High"が6件、3番目に高い"Medium"が1件、最も低い"Low"が2件。このうちのいくつかは、Googleが実施したGoogle Chromeの脆弱性発見コンテスト「Pwnium」で報告されたエクスプロイトに基づくものだとしている。

InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120322_520609.html