パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


日本のユーザーが標的―Google Play で15件の不正アプリが見つかる

米国 McAfee 日本法人のマカフィーは2012年4月17日、Google Play で、日本のユーザーに向けて設計された15件の不正 Android アプリケーションを発見した、と発表した。当該アプリは既に削除されているが、少なくとも7万人以上、最大で27万人のユーザーがダウンロードしたという。

同社によると、今回発見された不正アプリは新種のトロイの木馬型マルウェアで、新発売のビデオゲーム、アニメ、アダルトビデオの予告篇を観せるというもの。これらをインストールする際、コンタクトデータの読み取りと、端末の電話番号情報・Android ID の読みとりという2つのパーミッション(アクセスの許可)が要求される。またデータが盗み出される間は、画面上に「通信中」と表示される。


取得された情報は、リモートサーバーに平文で送信される。不正アプリはその後、同じサーバーにビデオをリクエストし、VideoView を使用して端末に表示する。インターネット接続がなくなった場合など機密情報がサーバーに送付されなかった場合は、エラーメッセージを表示し、ビデオは表示しない。なお、今回15件の不正アプリケーションは2人の開発者によって作成されたものだという。

同社では、「アプリケーションをインストールする前に、不必要なパーミッションを要求してこないかどうか Google Play 上で検証することが必要」と注意を呼びかけている。

japan.internet.com
http://japan.internet.com/busnews/20120417/5.html

【関連記事】
ネットエージェント、「The Movie」系アプリの検知ツールを無償公開
Androidの個人情報を狙う"TheMovie"アプリ29種の名称一覧