パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


ウイルスメールの送信、インド発が世界最多

 2011年度第4四半期(1-3月)に世界で送信されたウイルスメールの送信元の国別内訳で、インドは20%を占め、世界最多となった。トレンドマイクロの調査によるもの。

 今回の調査ではクレジットカードの番号や銀口座の情報を盗み取るものよりも、脆弱性をついてシステムなどを破壊することを目的としたメールが急増した。受信者の興味を引きそうなタイトルのメールを送信し、添付ファイルや記載されたリンク先をクリックすると、システムやソフトウェアを攻撃する仕組みだ。

 メールの件名ではNBAの人気選手ジェレミー・リン選手や2月に急死した米国の人気歌手ホイットニー・ヒューストンさん、北アフリカや中東の政変などに関するものが多かった。

 国別内訳でインドに次いで2位となったのはインドネシアで全体の13%を占めた。3位は韓国(12%)、4位はロシア(10%)だった。

 今回はまたスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)のアンドロイ携帯を狙ったアプリが5,000個見つかったことも公表された。

 製品やサービスの脆弱性をメーカー別にみると、米アップルが91件で最多だった。次いで米オラクルの78件、米グーグル73件、米マイクロソフト43件の順となった。

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120420-00000002-indonews-int