Windows XPはいつまで使える?使い続けると何に困る?

 日本マイクロソフトが明らかにしているWindows XPのサポート期限は、2014年4月。この時点まで、Microsoftから公式のセキュリティーパッチが提供される。その後もユーザー自身の判断で利用し続けても構わない。ただし、セキュリティーホールが見つかっても対策されないので、ウイルス対策ソフトに頼るか、インターネットに接続せずに使うのが無難だ。

 既にXPに対応していないソフトウエアも出始めている。今後新しいソフトで対応を打ち切るものも増えてくる。最新のソフトを活用したいなら、Windows 7に移行しておくべきだ。

PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/knowhow/20120229/1042492/?set=ranking