Flash Playerのセキュリティアップデートが公開、ゼロデイ脆弱性1件を修正

 米Adobe Systemsは4日、Flash Playerのセキュリティアップデートを公開した。公開されたバージョンは、Windows、Mac、Linux向けがバージョン11.2.202.235、Android 4向けがバージョン11.1.115.8、Android 3/2向けが11.1.111.9。

 今回のセキュリティアップデートでは、1件の脆弱性を修正している。Adobeでは、既にこの脆弱性を悪用した標的型攻撃の発生が確認されているとして、すべてのユーザーに対してアップデートを推奨している。

InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120507_531006.html