「Macにウイルスなし」は間違い、5台に1台に潜在、Windows感染の踏み台に

ウイルスがつきにくいという印象のある米AppleのMacintosh(Mac)パソコンだが、実際は5台に1台の割合でマルウエア(悪意あるソフトウエア)が潜在している。利用者が気付きにくいのはマルウエアがMacではなくWindowsを狙っているためで、知らぬ間に感染拡大に手を貸している。英Sophos(ソフォス)がこんな分析を発表した。ちなみにMacを狙うマルウエアも36台に1台の割合で感染している。

ソフォスが無料で公開しているウイルス対策ソフト「Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition」を入れている10万台のMacについて、7日間分の検査結果を切り出して分析したところ、5台に1台の割合でMacにWindowsを狙うマルウエアが潜在していることが分かった。利用者がMac上でBoot Campなどを使ってWindowsを実行しない限り活動はしないものの、ほかのパソコンへは感染を広げていく。

調査対象となった10万台のMacの中には、2007年に最初に存在を確認したマルウエアを検出したものもあるという。また検出率トップの「Bredo」はスパムにより拡散し、最初に亜種が現れた2009年以降多くの亜種が見つかっている。

さらにMacそのものを狙うマルウエアにも全体の3%が感染しており、無視できない割合となっている。見つかったものの75%は、Sophosが「OSX/Flshplyr」として登録している、通称「Flashback」だ。このマルウエアは駆除ツールの公開後も感染がやまないでいる(関連記事)。ほかにもクレジットカード情報を狙う偽のウイルス対策ソフトなどが活発だ。

Macのマルウエアは、USBメモリーや電子メールの添付ファイル、Webサイトからのダウンロードで拡散する。さらに利用者による操作を必要としない「ドライブバイダウンロード」で感染を広げ、 Mac利用者がセキュリティ侵害に気が付かない場合もある。

livedoorニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/6505385/

Mac ウイルス対策情報