Android狙う不正アプリは2万種に増殖、トレンドマイクロが警告

2012年前半(1―6月)にGoogleの「Android」スマートフォンやタブレットを狙ったマルウエア(悪意あるソフトウエア)などの不正アプリケーションが新たに約2万種見つかった。セキュリティソフト大手のトレンドマイクロが調査報告をまとめた。

すでに同社は、2012年1―3月に約5000種のAndroid向け不正アプリが見つかったと報告していたが、4―6月でさらにその3倍が見つかり、合計で2万件に膨れ上がった。1万種は6月だけで検出したもので、不正アプリの数はうなぎ上りに増えているようだ。同社の予測によると、2012年に見つかる不正アプリは9月までに合計約3万8000種に、12月までには13万種近くに達する見通し。

トレンドマイクロは、米Googleの公式アプリ配信サービス「Google Play」が感染経路の1つになっていると示唆している。Google Playで公開していた不正アプリの中には、Googleが削除するまでに利用者が70万回以上ダウンロードしたものが10種類以上あるという。

これらの不正アプリの中には、例えば端末の持ち主が気付かないうちに高額な料金がかかる電話番号に発信するよう誘導したり、ネット広告を見せたりして利益を得ようとするものから、個人情報を盗み取ったり、GPSを使って現在位置を監視したりといったものがある。さらに複数のスマートフォンやタブレットを操り、さまざまな犯罪に使える「ボットネット」に変えるアプリも登場している。Android端末に広がるボットネットについては、すでに米Microsoftの技術者も存在を観測したと報告している。

なお不正アプリのうち最も多いのは人気のあるアプリを装った偽物。トレンドマイクロが把握している限り不正アプリ全体の30%がこうした形態だという。

Googleは2012年2月、Google Playに不正アプリなどを検出する「Bouncer(バウンサー、用心棒)」機能を導入するとともに、不正アプリの数は減っているとの見解を示していた。しかし今後状況がいっそう悪化すれば、新たな対策を迫られることになりそうだ。

bizmash!
http://bizmash.jp/articles/24472.html