パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


トレンドマイクロ、Android/Mac OS Xに対応した中小企業向けのSaaS型ウイルスバスター新版

 トレンドマイクロ株式会社は24日、中小企業向けのSaaS型セキュリティサービスの新版「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス 5.0」を発表した。PCだけでなく、スマートフォンやタブレット端末といったスマートデバイスについても、SaaS型で一元管理できる点が特徴という。提供は8月25日より開始する。

 「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス」は、トレンドマイクロのデータセンターと連携して、企業内のセキュリティ対策を行うSaaS型のセキュリティサービス。各デバイスを管理する機能はクラウドサービスとして提供され、ユーザーはそのクラウド上の管理画面にログインすることで、パターンファイルの更新状況、ウイルス検索の履歴、不正なWebサイトへのアクセス履歴などを確認できる。

 今回の新版では、従来対応していたWindowsに加えてAndroidとMac OS Xに対応した。Android向けにはウイルス対策と、不正なWebサイトへのアクセスを防止するWebレピュテーションの両機能を、またMac OS X向けにはウイルス対策、スパイウェア対策、Webレピュテーションの各機能を提供する。

 バージョンは、Androidが2.2.x/2.3.x/3.x/4.x、Mac OS Xが10.5.7以降/10.6.x/10.7.xに対応する。

 参考価格は、1クライアントあたり年額8000円(税別)。なおこのサービスは、日本事務機、CEC、東芝テックソリューションサービス、さくらケーシーエス、HCS、ジャパンギャランティサービスといったパートナー企業から提供される。

 トレンドマイクロでは、今後1年間に5億円の販売を見込む。

クラウドWatch
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20120724_548730.html