週明けにもネット接続不能の恐れ、「DNS Changer」にあらためて注意

2012年7月9日からインターネットを利用できなくなる危険があるマルウエア「DNS Changer」について、セキュリティソフト大手各社があらためて注意を呼びかけている。米McAfee(マカフィー)はDNS Changerによる被害を修復し、7月9日以降もネットを使えるようにする無料ツールを公開した。

DNS Changerは2007年に登場し、2012年5月時点では世界で35万台のパソコンに感染していた。感染すると、インターネットの情報のありかを探す仕組み「DNS」の問い合わせ先が不正なサーバーに変更され、正しいURLを入力しても異なるWebサイトに誘導される恐れがあった。ただし米国の連邦捜査局(FBI)が不正なサーバーを取り除き、一時的に正常なサーバーを設置したため混乱は起きていなかった。

だがこの正常なサーバーは2012年7月9日に運用が終了する見込み。それ以降DNS Changerに感染しているパソコンはネット情報の問い合わせ先が見つからず、Webサイトの閲覧やメールの送信などができなくなる恐れがある。

すでに日本でもセキュリティ団体のJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が診断サイトを公開したほか、米Googleも対策に乗りだし、感染しているパソコンから検索をした場合、結果画面に警告を出すようにした。

マカフィーのツールではDNS Changerに感染したかどうかを簡単に調べられる。感染していた場合は、サイト上でネット設定を修復する無料のツールを追加ダウンロードするよう案内がある。感染の有無を調べるだけでなく、手動でネット設定を変更するのは一般の利用者には難しいため、こうしたツールが役立つとしている。

bizmash!
http://bizmash.jp/articles/24534.html

【関連記事】マカフィー、「DNS Changer」に感染したコンピューターの設定を修復するツールを無償提供