「Google Chrome」最新安定版を公開、脆弱性修正やFlashのアップデートなど

 米Googleは11日、ウェブブラウザー「Google Chrome」の安定版をバージョン「20.0.1132.57」にアップデートしたと発表した。Windows版、Mac版、Linux版、Internet Explorer用プラグインのChrome Frameがある。

 リリースノートによると、危険度が4段階中で2番目に高い"High"とレーティングされた3件の脆弱性を修正したほか、安定性の改善とバグの修正を行った。また、Google Chromeに統合されているFlash Playerと、JavaScriptエンジン「V8」のアップデートも含まれるという。

InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120712_546383.html