セキュリティ対策ソフトとの相性問題へ対策を施した「秀丸メール」v5.77

 (有)サイトー企画は14日、定番メールソフト「秀丸メール」の最新版v5.77を公開した。最新版の主な変更点は、JavaScript製のウイルスを含むメールをセキュリティ対策ソフトが隔離する際に、ほかのメールも隔離されてしまう可能性がある問題へ対策を施したこと。

 具体的には、スクリプトを含むHTMLメールは1つのメールを1つのファイルとして保存する仕様に変更された。また、"body"タグ内にスクリプトが埋め込まれているメールをテキスト形式で表示する際、スクリプト部分を除去して表示できるように改善されるなどの対策が施された。

 本ソフトは、Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000/XP/Server 2003/Vista/7および64bit版のXP/Server 2003/Vista/7に対応する2,100円(税込み)のシェアウェアで、「秀丸エディタ」ユーザーは無料で全機能を利用可能。現在、同社のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120717-00000040-impress-inet