「Java 7 Update 6」公開、Mac向けJavaもOracleが直接提供

 米Oracleは15日、Javaの最新版のアップデートとなる「Java 7 Update 6」と、「Java 6 Update 34」の提供を開始した。

 最新版のJava 7 Update 6では、Javaの開発キット(JDK)および実行環境(JRE)がMac OS Xに対応。これまで、Mac向けのJavaはAppleがユーザーに提供しており、セキュリティアップデートの提供がWindows版などに比べて遅れるといった問題があったが、今回のバージョンからOracleが直接配布する形となった。

 このほか、ARM上で動作するLinux向けのJDKの提供や、JavaFXおよびJava Access BridgeのJDK/JREへの統合が行われている。

InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120820_554050.html