パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


IPA、脆弱性の存在によりWindows版「Safari」の使用停止を勧告

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターおよび一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が運営する、脆弱性対策情報ポータルサイト"JVN"は23日、Apple Inc.が提供しているWebブラウザー「Safari」に脆弱性が含まれていることを発表した。

 JVNの発表では、「Safari」v6.0.1より前のバージョンで本脆弱性の影響を受けるとしており、脆弱性を悪用された場合、リモートからローカルファイルを読み取られる恐れがあるとしている。

 本脆弱性の対策としては、最新版へのアップデートが推奨されている。ただし23日現在、Windows版の「Safari」v6.0.1は公開されていないため、JVNではWindows版の「Safari」の使用を停止するように勧告している。

InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121023_567886.html