PC乗っ取りウイルスは新種、不特定多数狙う?

 遠隔操作型とみられるウイルスに感染した男性2人(威力業務妨害容疑で逮捕後、釈放)のパソコンから犯罪予告メールが送られるなどした事件で、ウイルスは最近、海外で確認されたばかりの新種だとみられることがわかった。

 2人のパソコンはいずれも、インターネット上のサイトから無料ソフトをダウンロードした直後にウイルス感染した疑いが強いことも判明。サイトは誰でも閲覧可能で、大阪、三重両府県警は何者かが不特定多数を対象にウイルスをばらまいていたとして、他にも感染者がいないか確認を急いでいる。

 捜査関係者によると、府警に逮捕されたアニメ演出家の男性(43)は調べに、7月29日に大量殺人予告のメールが送信された当日、ネットからファイルを取り込んだと説明。三重県警に逮捕された津市の無職男性(28)も、9月10日のネット掲示板への爆破予告書き込み直前、画像処理用ソフトをダウンロードしたと話し、パソコンからもそれぞれ、取り込みの形跡が見つかった。

 いずれも今年の夏まで存在が知られず、ウイルス対策ソフトなどでも検出できないタイプのウイルスだったという。両府県警は、攻撃者が2人だけを狙ったものではなく、不特定多数を狙っていた可能性があるとみている。

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121008-00001089-yom-soci