パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


-Facebookの利用実態調査-Facebookを使う上でプライバシーが気になるユーザは8割以上 承認したくない「友だち」申請を受けた経験は6割

トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、東証一部:4704 以下、トレンドマイクロ)は、Facebookを利用中のユーザ(18歳から49歳までの男女) 312名を対象にWebアンケート調査を2012年11月9日から11月11日まで実施しました。

本調査において、多くのFacebookユーザが友人とのコミュニケーションで楽しんでいる一方で、プライバシーに関する懸念を抱いており、実際にトラブルを経験している実態が明らかになりました。

【調査結果の概要】
1. Facebookユーザの利用状況
 1-1.  登録している情報:実名(89.7%)、出身地(69.6%)、居住地(66.7%)、学校(62.5%)
 1-2.  利用状況:週1回以上「いいね」ボタンを押す(60.9%)、コメントする(49.4%)
 1-3. 友達:定期的に会う機会がない学生時代からの友人(67.6%)、
    定期的に会う学生時代からの友人(64.1%)

2. Facebookに対する印象

Facebookは楽しいサービスである(74.4%)
Facebookを利用する上でプライバシーが気になる(83.7%)
3. Facebook利用上の経験

「友達」承認したくない相手から、「友達」申請がきた(63.1%)
Facebookに投稿した情報が知られたくない相手に見られていた(33.1%)
4. Facebook上でのトラブルや人間関係のストレスを避けるための対策
 4-1. 対策状況

個人情報は最小限しか登録しない(53.5%)
不特定多数に見られてもよいレベルしか投稿しない(49.4%)
Facebookのプライバシー設定を活用(34.6%)
 4-2. Facebookのプライバシー設定について

設定方法がわかりにくい(85.6%)
設定変更が面倒(78.5%)

トレンドマイクロ
http://jp.trendmicro.com/jp/about/news/pr/article/20121122045711.html?Homeclick=news&cm_re=Corp-_-tab-_-news