パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


脅威をリアルに実感する遠隔操作不正プログラム - トレンドマイクロレポート

トレンドマイクロは、2012年10月度のインターネット脅威マンスリーレポートを発表した。まず取り上げているのは、「BKDR_SYSIE.A(シスアイイー)」である。

すでに報道されている通り、遠隔操作で犯行予告や脅迫が行われ、誤認逮捕された事件である。改めて、不正プログラムの脅威を知らしめる事件となった。

トレンドマイクロでは、この不正プログラム「BKDR_SYSIE.A」の駆除プログラムを18日から提供したところ、10月末までに2万件を超えるダウンロードが行われた。いかに多くの関心を集めていたかが、推察される。

このような大騒ぎの一方で、攻撃者の活動も続いていた。

今月のランキングで注目したいのは、Skypeのインスタントメッセージで広がる「WORM_DORKBOT.DN(ドークボット)」である(国内の不正プログラム検出数ランキングでは8位)。

「WORM_DORKBOT」は「これはあなたのプロフィール写真ですか?」というメッセージ内のURLをクリックすると、不正プログラム本体がダウンロードされ感染する。

「WORM_DORKBOT」は、ネットバンキングやソーシャルメディアなどのログインパスワードを奪おうとする。

メッセージには英語やフランス語など、少なくとも18言語が確認されている。もちろん、感染を拡大が目的である。

現在のところ、日本語のメッセージは確認されていない。

しかし、日本でもメッセージ内のURLをクリックしたユーザーが多く、検出が増加したとのことである。

マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/articles/2012/11/20/trendmicro10/