ESETセキュリティソフト新バージョン、モニター版を期間限定で無償公開

 キヤノンITソリューションズは12月5日、ESET社のセキュリティソフト新バージョンのモニター版プログラムの無償公開を開始した。ESET公式サイトで簡単なアンケートに答えることで無料ダウンロードできる。モニター版プログラムのダウンロードができるのは12月5日から12月27日まで。ダウンロードしたモニター版は2013年2月21日まで利用できる。

 今回無料ダウンロードできるモニター版は、2013年1月に発表予定のWindows用の総合セキュリティソフト「ESET Smart Security V6.0」と、Mac用総合セキュリティソフト「ESET Cyber Security Pro」の2製品。

 V6.0の新機能となる、GPSを搭載していないパソコンでも、盗難・紛失したパソコンの監視や位置特定が行える「盗難対策(アンチセフト)機能」や、Facebookのプロフィールを検査し、悪意のあるリンクや有害コンテンツについて通知する「ESET Social Media Scanner」などが試用できる。

 SNS対策機能となる「ESET Social Media Scanner」は、SNSを介してマルウェアを仕込んだサイトにアクセスさせたり、フィッシングサイトにアクセスさせたりする攻撃が増加していることを受けて、ESET社が開発した新機能となる。

 なお、モニター版のため、使用して不都合があった場合もサポート対象とはならず、損害についても保証は受けられない。また、マニュアルも提供されないため、ソフトに内蔵されたヘルプ機能を利用することになる。

 他社のセキュリティソフトやWindows標準のファイアウォール以外がインストールされたパソコンでは、既存のセキュリティソフトをアンインストールしてから導入する必要がある。また、インストールは管理者権限があり、アカウント名に半角英数字以外を利用していないユーザーで行う必要がある。また、Windows 8の場合は、パーソナルファイアウォールの設定内容に関わらず、既定値ですべての通信が許可される。

 リリースノートおよびインストール・アンインストール手順が公開されており、キヤノンITソリューションズでは必ずインストール前に目を通してから導入するよう呼びかけている。

InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121205_577447.html