パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


LINEブランドのセキュリティ対策アプリ「LINE アンチウイルス」

 『杜のAndroid研究室』では、スマートフォン向けOS"Android(アンドロイド)"をテーマに、窓の杜スタッフが厳選したアプリなどを紹介していく。今回は、人気の音声通話・チャットアプリ「LINE」の開発元であるNHN Japan(株)が提供するセキュリティ対策アプリ「LINE アンチウイルス」に焦点を当て、その使い方と機能を紹介しよう。

人気アプリ「LINE」ブランドのセキュリティ対策アプリが登場
 
  「LINE アンチウイルス」は、マルウェアの検出やリアルタイム監視、インストールしているアプリのチェックや削除などができるセキュリティ対策アプリ。人気アプリ「LINE」の開発元としても知られるNHN Japan(株)のアプリとなっていて、直接LINEと連携する機能はないが、LINEのスタンプのキャラクターが使われた親しみやすいインターフェイスも特徴のひとつ。

 起動画面に表示される[スキャン開始]ボタンを押せば、端末内とSDカードにインストールしているアプリからマルウェアを検出する"クイックスキャン"を実行可能。チェックが完了すると結果画面が表示され、マルウェアの数などを確認できるほか、画面下部の[フルスキャン]ボタンから"フルスキャン"を実行できる。"フルスキャン"では、インストールしているアプリに加えて、端末内やSDカードのファイルもチェックすることが可能。

 "クイックスキャン"または"フルスキャン"の結果に応じて、起動画面にはイラストと共に"安全です"や"危険です""要注意"などと表示され、現在の端末の状態を確認できる。また、画面右上の歯車型アイコンから表示される設定画面の[スキャン]項目において、"フルスキャン"を選択すれば、起動画面の[スキャン開始]ボタンを押した際に、"クイックスキャン"ではなく"フルスキャン"が実行されるように設定可能。

各アプリの"アクセス許可"をチェックし、アプリを削除できる
 
 インストールしている各アプリについて、"アクセス許可"の項目をチェックすることも可能。起動画面の[アプリ管理]ボタンを押すと、"連絡先"や"カレンダー""位置情報"などの項目が一覧表示され、各項目を選択することで、端末内のそれぞれの情報にアクセスしているアプリを一覧できる。

 各アプリを選択すると、そのアプリがアクセスしている情報や機能を一覧表示したり、週間や月間の実行回数を確認できるほか、アプリを削除することも可能。また、アプリの一覧画面の右上の[安心アプリ]ボタンからは、信頼できるアプリを選択して、マルウェア検出などのチェックから除外できる。

リアルタイム監視により、異常を検知すると通知
 
 起動画面の最下部にある[リアルタイム監視]項目のスイッチをONにすると、アプリのインストール時にマルウェアのチェックをしたり、起動しているアプリの異常実行などを検知するリアルタイム監視を実行可能。マルウェアと疑われるアプリをインストールした際など、異常を検知したときにはステータスバーのアイコンやポップアップで通知が行われ、ポップアップから詳細の確認やアプリの削除を行える。また、起動画面で[リアルタイム監視]ボタンを押した際に表示される画面の[レポート]タブからも、検知結果の確認やアプリの削除ができるほか、削除の実行後には[処理結果]タブで処理結果を確認可能。

 そのほか、ホーム画面にウィジェットを配置することもでき、リアルタイム監視の結果を確認できるほか、[スキャン開始]ボタンからマルウェア検出を実行することが可能。

【ニュースソース】窓の杜WINDOWS FOREST
http://www.forest.impress.co.jp/docs/serial/androidlab/20130116_581788.html