「eoWEBメール」をかたるフィッシングが発生、関係機関が注意を呼びかけ

 フィッシング対策協議会は15日、「eoWEBメール」をかたるフィッシングメールおよびサイトが確認されたとして、注意を呼びかけている。該当サイトは同日17時の段階で停止しているが、類似サイトが再度公開される可能性もあるため、引き続き警戒してほしいという。

 フィッシングメールは「あなたeoWebアカウントをアップグレード」の名称で送られている。本文内のURLでフィッシングサイトへと誘導し、ログインに必要なメールアドレスとパスワードを不正に要求してくる。

 フィッシング対策協議会のウェブサイトでは、フィッシングメールの文面、フィッシングサイトのURLなどを公開している。万一、不正サイトですでにパスワードを入力してしまった場合は、すぐにパスワードを変更するよう求めている。

【ニュースソース】Yahoo!ニュース
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130215_587994.html