複数のジャストシステム製品の脆弱性対策について

IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、複数のジャストシステム製品における脆弱性に関する注意喚起を、2013年2月26日に公表しました。対策方法は「最新版へアップデートする」ことです。

1.概要

 株式会社ジャストシステムが提供する、日本語ワープロソフトの「一太郎」シリーズや総合グラフィックソフトウェアの「花子」シリーズなどの複数製品には、文書ファイルを読みこむ際に、任意のコードを実行される脆弱性があります。
 この脆弱性が悪用されると、該当するジャストシステム製品がインストールされたコンピューター上で、任意のコードが実行されてしまう可能性があります。

 下記のサイトから、影響を受けるソフトウェアの情報および修正済みバージョンを入手して、更新してください。
  http://www.justsystems.com/jp/info/js13001.html

 最新情報は、次のURLを参照下さい。
  http://jvndb.jvn.jp/jvndb/JVNDB-2013-000015

 本脆弱性情報は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき、IPAおよびJPCERT/CCが、2013年2月19日に製品開発者自身から脆弱性および対策情報の連絡を受け、2013年2月26日に公表したものです。

2.脆弱性による影響

 ユーザが細工された文書ファイルを開いた際に、プログラムを実行している権限で、任意のコードを実行される可能性があります。

3.対策方法

 対策方法は「開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートする」ことです。

【ニュースソース】IPA
http://www.ipa.go.jp/about/press/20130226.html