「Java 7 Update 17」公開、既に悪用が確認されている脆弱性を修正

 米Oracleは4日、Javaの最新アップデートとなる「Java 7 Update 17」を公開した。

 Java 7 Update 17では、2件の脆弱性を修正。このうち1件の脆弱性については、既に攻撃に悪用されていることが確認されており、Oracleでは早急にアップデートを行うよう呼び掛けている。

 Oracleでは2月19日に「Java 7 Update 15」を公開しているが、新たな脆弱性が発見されたことで、再びアップデートを公開した。

 また、Java 6についても同様のアップデートとなる「Java 6 Update 43」を公開した。Appleも、Java 6をバンドルしているMac OS X 10.6向けに「Java for Mac OS X 10.6 Update 14」を公開した。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130305_590379.html