環境省のサイトが改ざんされ、閲覧者がウイルス感染の可能性

環境省のインターネットのサイトが改ざん、閲覧した人がウイルス感染した可能性があることがわかった。

改ざんされていたのは、家庭のCO2(二酸化炭素、2は下つき文字)排出量がわかる「CO2みえ~るツール」という環境省のサイトで、3月3日から15日まで、閲覧した人が別のサイトに誘導され、ウイルス感染した可能性があるという。

この間の閲覧回数は、884回にのぼっているという。

【ニュースソース】Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130318-00000385-fnn-soci