トップ10の7種がドライブ・バイ・ダウンロード攻撃関連--4月度レポート(マカフィー)

マカフィー株式会社は5月16日、2013年4月のサイバー脅威の状況を発表した。本レポートは、同社のデータセンターで把握している情報をもとにトップ10を算出し、同社の研究機関であるMcAfee Labsの研究員が分析をしたもの。PCにおけるウイルスの脅威傾向では、4月も脆弱性を悪用したドライブ・バイ・ダウンロード攻撃に関連した脅威がランクインした。これは世界的な傾向であるという。検知会社数ランクの4位、6位、10位には、ドライブ・バイ・ダウンロードの攻撃の最初の段階で使われる不正なリダイレクトを検知する「Exploit-StyKit」がランクインした。

同様に、同8位は「Blackhole」のリダイレクトである「JS/Exploit-Blacole」であり、同1位の「JS/Redirector」、2位の「JS/IFrame」、9位の「JS/Exploit」なども不正なリダイレクト一般を対象にしたものとなっている。このような攻撃を防ぐためには、Internet Explorer、Adobe Reader、Flash Player、JREなどのアプリケーションを常に最新の状態にしておくことが大切であるとしている。また完全な対策ではないものの、これらの脆弱性攻撃では実行ファイルなどがTempフォルダに一時的に保存されることも多いことから、同フォルダからのファイルの実行を制御することで、ある程度の防御は可能であるとしている。

【ニュースソース】Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130516-00000004-scan-sci