映画「アイアンマン3」の偽ストリーミングサイトに注意

 トレンドマイクロ株式会社は、映画「Iron Man 3(邦題:アイアンマン3)」の偽ストリーミングサイトなどが確認されたとして注意を呼び掛けている。

 同社のリサーチ機関であるTrendLabsによると、Googleで簡単な検索を行っただけでも、アイアンマン3のストリーミングサイトをかたったウェブサイトを100件以上確認した。それらのサイトでは、動画プレーヤーをダウンロードするよう求められる。過去に執拗な広告を表示する動画プレーヤーとして報告されているものだという。今回の事例ではそのような挙動は確認されていないが、成人向け動画などのダウンロードや閲覧に利用される可能性があることが分かっているとしている。

 また、現時点で不正な挙動が確認されていないとはいえ、今後、アイアンマン3のストリーミングサイトやダウンロードサイトを装う、不正プログラムが組み込まれたサイトが登場する可能性もあるとしている。

 なお、TrendLabsが確認した偽ストリーミングサイトの50%が、Tumblrを利用したものだった。このほか、11%がWordPress、8%がBloggerなど、人気ブログサービスを利用していた。

 このほか、Facebookにおいて、アイアンマン3の無料ストリーミングと称するリンクが投稿されていた事例も確認されているという。そのリンクをクリックすると、複数のページを経て最終的にアンケート詐欺サイトに誘導されるとともに、ユーザーの友達にも投稿が拡散されることになる。中にはクレジットカード情報の登録を要求するものもあり、十分な注意が必要だとしている。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130508_598539.html