パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


Internet Explorer 8 の脆弱性対策について

日本マイクロソフト社の Internet Explorer にリモートからコード(命令)が実行される脆弱性が存在します。

この脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御される可能性があります。

既に、当該脆弱性に関連した攻撃が確認されているとの情報があるため、至急、回避策を適用してください。

対象
Internet Explorer 8

対策
回避策
日本マイクロソフト社から提供される情報[Microsoft Security Advisory (2847140)]を参照して下さい。

●Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET) を使用する
EMET は、ソフトウェアの脆弱性が悪用されるのを防止するためのツールです。
導入する際には、次のページを参考にしてください。

Enhanced Mitigation Experience Toolkit
http://support.microsoft.com/kb/2458544/ja

●インターネットおよびローカルイントラネットセキュリティゾーンの設定を「高」にする
1.Internet Explorer の[ツール]メニューの[インターネット オプション]をクリックします。
2.[インターネットオプション]ダイアログボックスで、[セキュリティ]タブをクリックし、次に[インターネット]をクリックします。
3.[このゾーンのセキュリティのレベル] の下のスライダーのつまみを「高」まで移動させます。これにより、訪問するすべてのウェブサイトのセキュリティレベルが「高」に設定されます。

※セキュリティレベルを「高」に設定すると、ウェブページが正しく動作しない場合があります。

【ニュースソース】IPA
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20130507-ms.html