パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


ウイルス情報共有に協定締結へ=セキュリティー3社と―警視庁

 シマンテックは6月17日、「Word13.exe」というAdobe Systemsの製品に見せかけた「Word13.exe」という不審なファイルを発見したとしてブログで注意を呼び掛けた。

 同社によると、この実行形式のファイルには、Adobe Systemsの発行と記されたデジタル証明書が付属していた。Adobe製品のように思えるが、AdobeはVeriSignが発行する証明書を利用しており、そもそもAdobeが発行すること無い。CAルート証明書も信頼できないものだった。

 このファイルを同社では「Backdoor.Trojan」として検出している。実行してしまうと、Internet Explorerやノートパッドのファイルに不正コードを挿入してバックドアを作成、ポート3337を通じて攻撃者が設置したとみられる外部のコマンド&コントロールサーバに接続する。

 同社の分析ではマルウェアがユーザーや感染したコンピュータ、Skypeの情報を盗み出したり、スクリーンショットの取得やマウス機能のエミュレート、また、ファイルの作成やダウンロード、削除、移動、実行などをしたりする恐れのあることが分かった。

 マルウェア被害を回避するにはウイルス対策定義を常に最新し、ソフトウェアも定期的に更新する。ダウンロードのURLが提示された場合には必ずURLを再確認して、念のために証明書と署名も確認すべきとアドバイスしている。

【ニュースソース】Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130618-00000012-zdn_ep-sci