パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


「最も洗練されたAndroidトロイの木馬」発見~急速に凶悪化するマルウェア

ロシアのセキュリティー企業Kaspersky Labsの研究者Roman Unuchek氏は6日、「最も洗練されたAndroidトロイの木馬」を発見したと発表した。

このマルウェアはこれまで知られていなかったAndroidの脆弱性2つと、端末管理者特権昇格脆弱性を悪用。感染後は被害者に知られることなく潜み、攻撃者からのSMSメッセージによって、アドレス帳や残高を含むほぼすべての情報を抜き取ることが可能だという。

このマルウェアは現時点でGoogleプレイなど一般的な場所では見つかってはない。感染は主にロシアを中心とした地域で、SMSスパムを介して広がっている。

しかし、このマルウェアの発見が意味するところは大きい。Androidのマルウェアが急速に凶悪化していることの証拠だからだ。

Kaspersky Labsはこのマルウェアを「Backdoor.AndroidOS.Obad.a」と命名した。

「Backdoor.AndroidOS.Obad.a」は、これまで知られていなかったAndroidのバグ2つを悪用する。1つはAPKファイルをJARに変換するDEX2JARのバグ、もう1つはAndroidManifest.xmlの処理に関するバグだ。さらに、端末管理者特権に昇格できる脆弱性も合わせて突くことで、アプリケーション一覧に表示されることなく潜伏し、バックグラウンドモードで動作する。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130610_602865.html