パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


「Google Chrome」セキュリティアップデート、Flash関連の脆弱性を修正

 Googleは18日、Google Chromeの最新版安定版となるバージョン27.0.1453.116を公開した。Windows版、Mac版と、Internet Explorer用プラグインのChrome FrameがGoogleのサイトからダウンロードできる。既存ユーザーに対しては自動的にアップデートが提供される。

 最新版では、Flash Playerの設定画面に存在するクリックジャッキングの脆弱性を修正。脆弱性の危険度は4段階で上から3番目の「Medium」と評価している。

 このほか、1つのページに複数のフラッシュ動画がある場合に再生できない問題や、Canvasのレンダリングに関するバグなどの不具合を修正している。

 また、Linux版のGoogle Chromeについては、バージョン28.0.1500.45を最新安定版として公開。Linux版については動作要件がUbuntu 12.04以上、Debian 7以上、OpenSuSE 12.2以上、Fedora Linux 17以上に変更された。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130619_604387.html