パソコンの動きが重いと感じる方へ 軽快なESETをお試しください 使ってもらえば分かります!
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

↑↑↑今だけ!8月31日(土)までの期間限定 最大39%オフのキャンペーン実施中↑↑↑


Opera社内から証明書流出、ユーザーのマシンにマルウェアが侵入か

 ノルウェーのOpera Softwareは6月26日、同社の社内ネットワークインフラが標的型攻撃を受けてコード署名証明書が盗まれ、Operaブラウザのユーザーにマルウェアが配布された可能性があると明らかにした。

 Operaのブログによると、社内ネットワークインフラに対する標的型攻撃は6月19日に発覚して対処した。当局と協力して攻撃の出所などを調べているが、現時点でユーザー情報が流出した形跡はないとしている。

 しかしこの攻撃で、期限切れのOperaコード署名証明書が盗まれ、マルウェアへの署名に使われたことが判明した。Opera Software製のソフトウェアやOperaブラウザのように見せかけて、マルウェアが配布された恐れがあるという。

 この影響で、協定世界時(UTC)6月19日午前1時~1時36分(日本時間19日午前10時~10時36分)の間にOperaを使っていたWindowsユーザー数千人が、自動的にマルウェアをインストールしてしまった可能性があるという。

 同社は対策として、新しいコード署名証明書を使ったOpera更新版のリリースを予定しており、ユーザーに対し、更新版がリリースされ次第アップグレードするよう強く推奨している。

【ニュースソース】Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130628-00000002-zdn_ep-sci