CDのトレーが勝手に開いたり、"未知との遭遇"のメロディが流れるマルウェアにも? - Symantec Official Blog

シマンテックは、コンピューターをロックしてアンケートへの入力を強要するマルウェア「Trojan.Shadowlock」について同社オフィシャルブログで解説している。

Trojan.Shadowlockは、既存のTrojan.RansomlockやTrojan.Fakeavlock、Trojan.WinlockなどPCの操作性の自由を奪い金銭の送金などを要求するランサムウェアのような振る舞いを行うが、即座に金銭を要求することはせず、オンラインアンケートへの入力を要求するもので、現在のところそれほど破壊的なものではないとしている。

また、動作には.NET Framework(バージョン2.0以降)が必要で、ブログではその内部のコードの解析も行っており、リバースエンジニアリングで見つかるように、ある種のイースターエッグのような動作が仕組まれていることも発見している。

そこには、映画「未知との遭遇」の有名なメロディの再生、CDトレーを開ける、ハードディスクの空き容量を使い切る、Webサイトへのリダイレクト、などの動作も記述されており、今後の亜種にこういった機能が組み込まれていく可能性も否定できないと考察している。

【ニュースソース】Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130716-00000144-mycomj-sci