ソフトバンク、ネット利用時のウイルス対策を呼びかけ

ソフトバンクモバイルは8月23日、PC・スマートフォンでインターネットを利用する際の、ウイルス感染の被害とネットバンキングなどへの不正アクセスに対して注意を呼びかけた。

ユーザーができる基本的なウイルス対策として、以下の4つを紹介している。

  • ウイルス対策ソフトの利用、および最新版への更新の実施
  • 不審なホームページやメール、添付ファイルを開かない
  • 制作者が不確かなソフトウェアはダウンロードおよび利用をしない
  • OSやソフトウェアを最新の状態にする

同社はAndroidスマートフォン向けウイルス対策アプリとして、月額315円で利用できる「スマートセキュリティ powered by McAfee」と、「スマートフォン基本パック」(月額498円)もしくはスマートセキュリティ powered by McAfee加入者が無料で利用できる「Internet SagiWall」を提供している。

【ニュースソース】ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1308/23/news093.html