Apple、Mac向けJava 6のアップデートを公開

米Appleは15日、Mac OS X向けJava SE 6のアップデートとして、OS X 10.8以降および10.7以降向けの「Java for OS X 2013-004」と、Mac OS X 10.6.8向けの「Java for Mac OS X 10.6 Update 17」を公開した。

 Java SE 6をバージョン「1.6.0_65」にアップデートすることで、セキュリティや信頼性、互換性の向上を行う。

 なお、Java 7からはOracleがMac向けのJavaを提供しており、Mac向けJavaの最新版(Java 7 Update 45)はOracleのサイトからダウンロードできる。Java 6までは、Appleが独自バージョンのJavaを提供していたため、アップデートもAppleが提供している。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131016_619601.html