無料ウイルス対策ソフトのAVASTが25周年、最新版「avast! 2014」公開

チェコのAVAST Softwareは15日、Windows用セキュリティソフト「avast!(アバスト!)」の最新版となる「avast! 2014」(バージョン2014.9.0.2006)を正式公開したと発表した。

基本的なウイルス/スパイウェア対策機能を提供する無料版「avast! Free Antivirus」のほか、ファイアウォールなどの付加機能を搭載した有料の上位版もあり、全4製品のラインナップ。Windows 8.1もフルサポートする。

2014バージョンでは、隠ぺいされたマルウェアを検出する「DeepScreen」技術を強化したほか、スキャンエンジンを最適化して高速化。プログラム容量およびメモリ使用量の削減も図ったという。また、操作がシンプルに行えるようにUIを新たなデザインにした。

有料製品は、ウイルス/スパイウェア対策のカスタマイズ機能や、決済/オンラインバンクのセキュリティ対策機能「SafeZone」などを備えた「avast! Pro Antivirus」(PC 1台/1年間で3480円)、さらにファイアウォールやスパム対策機能を備えた総合セキュリティソフト「avast! Internet Security」(同4480円)、データ抹消機能やリモートアクセス機能も搭載した最上位版「avast! Premier」(同5980円)がある。それぞれ30日間の無料試用版もダウンロード提供している。

AVASTによると、同社は今回25周年を迎え、その間、世界40言語以上の市場に製品を提供。2億台近いWindows/Mac/Androidデバイスを守ってきたという。2014バージョンは、まずは今回、Windows対応製品の提供を開始したかたちだが、追って他のデバイスにも提供するとしている。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131017_619832.html