「iOS 7.0.3」公開、iCloudキーチェーンなどの機能追加、脆弱性の修正も

米Appleは22日、iOSの最新版となる「iOS 7.0.3」を公開した。

 iOS 7.0.3では、承認済みのデバイス間でアカウント名やパスワード、クレジットカード番号を共有するためのiCloudキーチェーンに対応。Safariには、推測困難な独自のパスワードを提案するパスワードジェネレーター機能を追加した。

 また、Touch IDが使用中の場合には"スライドでロック解除"の表示を遅らせるようロック画面を変更したほか、一部のユーザーにiMessageを送信できない問題や、iWorkアプリの安定性向上など、複数の問題の修正や改善を行っている。

 セキュリティ面では、パスコードロックの回避が可能な脆弱性など、合計3件の脆弱性を修正している。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131023_620548.html