マカフィー、台数無制限の「LiveSafe」など2014年版セキュリティ製品

マカフィー株式会社は24日、Windows 8.1に対応した2014年版個人向けセキュリティソフトのラインナップを発表した。PCやモバイルデバイスを台数無制限で保護するセキュリティサービス「McAfee LiveSafe(マカフィー リブセーフ)」のほか、検出機能を強化した「マカフィー オール アクセス」「マカフィー トータルプロテクション」「マカフィー インターネットセキュリティ」「マカフィー アンチウイルス プラス」の計5つのセキュリティ製品・サービスを、10月25日から販売する。

Windows/Mac/Android対応のマルウェア対策機能に加え、顔・音声認証の技術を活用したクラウドベースのストレージやパスワード管理機能を備え、個人ユーザーが所有するすべてのデバイスを台数無制限で保護できるサービス。店頭ではプリペイド方式のPOSAカード版で販売する。価格は1ユーザー3年版が1万4980円、1ユーザー1年版が7980円。また、初回購入のみの1ユーザー3カ月版を980円で販売する。

 ソフトウェア製品のうち、ウイルス対策やメール対策機能を備える「マカフィー インターネットセキュリティ 2014」は店頭でパッケージ販売する。価格は、3台3年版が1万1800円、3台1年版が6980円。また、POSAカードで店頭販売する3台4年版(8800円)は、PCや周辺機器、他のソフトウェアなどとの同時購入版となる。

 オンライン販売およびダウンロード販売の製品と価格は、Windows/Mac/Android/BlackBerry対応の「マカフィー オール アクセス 2014(1ユーザー1年版)」が8995円、Windowsのみの対応となる「マカフィー トータルプロテクション(3台1年版)」が6980円、ウイルス対策の「マカフィー アンチウイルス プラス 2014(1台1年版)」が4095円。

 また、専門スタッフがユーザーのPCにリモートアクセスし、ウイルス感染などを診断し、感染している場合には駆除する「マカフィー ウイルス駆除サービス」も、POSAカードで店頭販売する。価格は6980円。

 マカフィーでは今回の発売に合わせて、パッケージ版の製品を購入し、所定の申込用紙で手続きを完了したユーザー全員に、対象製品に応じた金額のギフト券をプレゼントするキャッシュバックキャンペーンを実施する。購入対象期間は2014年3月31日まで。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131024_620772.html